golf.jpg

今まで知りませんでした! ゴルフのラフショット

こんにちわ。

前はゴルフの飛距離ということについてを説明させてもらいました。

今回はゴルフのラフショットということについて説明したいと思います。

ゴルフのコースに出ているとラフからのショットが必ずあると思います。

ラフに入ったら、ボールのライをきちんと見て、芝生の生え方や芝生の長さなどを見ると思います。

しかしラフに入ってしまってそのまま目で色々と確認してそのまま打つのは危険です。

はじめにというのも、その1打を無駄にする可能性があると思います。

そういったわけだから、スイングした場合に芝のラフの長さなどからどれくらい抵抗を感じるか、目で見てわかる人というのはほとんどいないと思いますから、とりあえず、素振りしてみてください。

と言うか、ラフを打つ前によく似た場所でゴルフクラブを振ってスイングしてみるだけでも本番の1打が意味ある1打になるのではないでしょうか。

これをしないとどうしても、芝の抵抗に負けてしまったり、強すぎる、弱すぎるなど出てくると思います。

かくして、
ラフショットで、素振りをして抵抗やその他色々なことを実際に試してみる、それは意外と大切なことなのですが、やっていない人が多いので、ゴルフのコースに出て、ラフにはまってしまった場合には、一度素振りをしてみるようにしてみてはいかがでしょうか。

素振りしてみるだけでその1打が必ず意味のある1打になること間違いなしです。

ゴルフでバンカーに入った場合には、素振りはできませんが、ラフの場合には素振りで練習出来ますから、練習してより良い結果を出すように1打を打つようにしてみるといいと思います。

リハーサルするかしないかで結果がかなり違います。

なんだかんだ言ったにせよ今まで知りませんでした! ゴルフのラフショットでした。

今回の内容はおもしろいと思っていただけましたか? 本日のところはゴルフのラフショット
についてざっくりとですが、ご説明させていただきました。

ためになりましたか?

明日の更新ではゴルフのラウンド前ということについてをお話させていただきたく思います。

でわ、また。