golf.jpg

これを知らないようじゃ、やがて後悔する「ゴルフの飛距離」

きのうはゴルフのアイアンショットということについてをお話させていただきましたよね。

今日の記事ではゴルフの飛距離についてを解説させていただければと思います。

第一に、ゴルフの飛距離についてですが、ゴルフの飛距離が出ている人とゴルフで飛距離が伸び悩んでいる人というのは色々といると思います。

ゴルフのプレーをするうえでは、飛距離がある人とない人ではどちらがいいのでしょうか。

ゴルフの飛距離というのはどんないい点があるのか、ここで見ていきたいと思います。

そのように、まずゴルフのロングホールでは、セカンドショットがグリーンに届きやすくなりますから、飛距離がある人の方が有利です。

ゴルフのミドルホールの場合には、セカンドの場所からピンの場所まで近いので飛距離が伸びる方がメリットが高いです。

お話しを元に戻しますと、ショートホールではどうでしょうか。

飛距離があることで他の人よりもクラブのアイアンが短いクラブでグリーンまで狙えます。

やはりゴルフで飛距離がある人は色々とメリットがあることになるのではないでしょうか。

しかしメリットだけではありません。

然れどもゴルフの飛距離があるためにデメリットが出るケースもあります。

それは、OBを連発してしまったりする可能性もあります。

飛距離の出ない人というのはゴルフクラブで1本のクラブあたり10ヤード位距離がカバーできますが、飛距離が出る人というのは、20ヤード位距離が出てしまいますからカバーしなければいけない距離が増えることになります。

ゴルフの飛距離が出ればアドバンテージはありますが、デメリットもあるということを覚えておいた上でプレーすればより楽しくプレーすることが出来るでしょう。

いずれこれを知らないようじゃ、やがて後悔する「ゴルフの飛距離」でした。

今日の内容はすこしくらいはわかっていただけましたか? 本日はゴルフの飛距離
という点についてをざっくりおはなししました。

ちょっとくらいは参考になりましたね。

明日の更新ではゴルフのラフショットということでお話させていただければと思います。

でわ今回はこのくらいで。