golf.jpg

これを知らなきゃ、いつか後悔する「ゴルフのインパクト」

本日も訪問していただきとても
素晴らしく感じています!

直前はゴルフのスイングという点をお話しましたよね。

さて今日はどんなお話がいいでしょうか…?

本日はゴルフのインパクトという点についておはなしします。

では、本日の記事でもいっしょにまなんでいきましょう。

ゴルフで言うところのインパクトというのは、クラブヘッドがボールに当たる瞬間のことを意味しています。

クラブヘッドとボールの当たる瞬間はインパクトだけですから、インパクトがきちんと正しい場所であれば、ナイスショットにつながることになります。

はじめに、アドレスや、スイングが多少間違っていたとしても、インパクトさえ正しい位置で当たっていれば、ナイスショットになるというわけですね。

ですが、ゴルフのインパクトで正しい位置を覚えることは、意外と難しくて、アドレスからきちんとフィニッシュのあとのスタンスまで考えなければいけません。

インパクトだけ考えたスイングでは、ゴルフは上達しませんから、全体のスイングを考えて、正しくインパクトを行う必要があります。

その後インパクトというのは、アドレスととても似ているのですが、アドレスとは違っています。

それは下半身が先にスイングしますから、アドレスと比較してみると、インパクトをした方が下半身が開き気味です。

このために、
ハンドファーストなので、左肩より右型が低くなる特徴もあります。

ドライバーショットの場合には、アッパーブローのようにインパクトをするのが正しいインパクトです。

アイアンショットをする場合には、ダウンブローにインパクトしましょう。

そうすることによって、番手通りのとても正しく的確なショットを打つことが出来るのです。

スイングの直前でアイアンショットの場合にはインパクトを行って、ドライバーの場合には、ヘッドが上にあがるときにインパクトしましょう。

そのようにこのように、これを知らなきゃ、いつか後悔する「ゴルフのインパクト」でした。

少しは面白い話だと思っていただけましたたでしょうか? 今日はゴルフのインパクト
ということについてをだいたいですが、ご説明しました。

面白いと思ってもらえたのならば私もうれしいなあ。

次回の記事ではゴルフのフィニッシュという点についてをおはなししたいと思います。

それでは、次号をおまちください。