golf.jpg

これを知っとかなきゃ、たぶん後悔する「ゴルフのスイング」

いつもお世話になっております。

毎日来ていただいて
すばらしい!

先日はゴルフのシャフトということについてお話させてもらいましたね? 

ってなことで今日の記事ではどんなお話をした方がいいでしょうか…?

今日はゴルフのスイングということを説明させていただきたく存じます。

最初にゴルフのスイングには色々な種類があります。

まずはバックスイングからです。

バックスイングというのはテークバックからクラブを少しずつ上げてスイングします。

テークバックすることによって、グリップが右の腰くらいの高さでシャフトは、地面と平行になりますから、その時点で、右肘を曲げていき、左肩を水平にして回転させながらクラブを上にあげます。

そのようなわけでゴルフ初心者は、体を回そうと思いすぎてクラブをインサイドに引き上げすぎることがありますので注意しましょう。

そうすると、次にゴルフのスイングのバックスイングについてですが、バックスイングというのはテークバックからクラブをあげてスイングします。

右の腰や右のひざが、どうしても伸びてしまう人がいるのですが、伸びないようにスイングをすることがポイントです。

そしてゴルフのトップスイングについてですが、トップスイングというのはバックスイングの完了の場所になり、ダウンスイングが始まる場所ともいわれているのでとても大切なスイングです。

例をひとつあげておくとするなら体の上半身を回して左肩があごの下に入って、右の脇と右の肘は直角になると、ここが基本の正しい頂点ということになります。

このときに注意しなければいけないことはひじが浮いてしまわないことです。

上半身のひねりが大きければ大きいほどインパクトにかかる力が大きくなりますが、捻ることに集中しすぎれば、スエーになってしまうといわれていますから、気をつけなければいけません。

詰るところこれを知っとかなきゃ、たぶん後悔する「ゴルフのスイング」でした。

今日の内容は少しはおもしろい話だと思ってもらえましたでしょうか? 本日のところはゴルフのスイング
ということについてを私なりに調べましたことを、説明しました。

少しくらいよかったですか?

次号はゴルフのインパクトということをお話したく存じます。

それでは、今回はこのくらいで。